体験プログラム

HOME > 体験プログラム > ちんころ体験

ちんころ体験

十日町の縁起物『ちんころ』を作ります♪
米粉を使って小さな人形をつくります。

プログラム内容

十日町の縁起物『ちんころ』を作る体験です。

 

 

「ちんころ」とは

 

小犬のことをいい、古来より魔よけや福を招くとされ、食べると病気が治るとも云われる縁起物です。神棚や窓辺などに飾られヒビ割れが多いほど縁起がいいと言われています。

 

そんなちんころですが、十日町では、毎年1月に開かれる節季市(ちんころ市)で売られている縁起物で、昔から今に至るまで市民に愛されている、縁起物でもあります。

 

 

節季市(ちんころ市)とは

 

新潟県十日町市の伝統的行事として毎年1月10・15・20・25日に節季市が開催されます。  江戸時代から始まり、300年以上の歴史をもつ人気の市で、農家の「竹細工」「わら細工」「漬け物」などが並べられます。その中の一つに白米の粉(上新粉)と食紅などで鮮やかに細工された「ちんころ」が大変な人気となり、別名「ちんころ市」とも云われています。

しかし、近年では、後継者不足により、作り手が昔に比べてだいぶ減ってしまいました。

 

ポポラでは、そんな人気なちんころを一から作っていきます。

 

 

ちんころ体験の行程

 

①、手洗い

②、ちんころとその作り方の説明

③、使用する米粉(上新粉)を計器を使って用意します

④、用意した米粉に水を足して生地を作っていきます

⑤、できた生地を5つに分けて食紅で色づけします

⑥、台紙の上にちんころを作っていきます

⑦、ちんころができたら、蒸し器に入れて蒸します

⑧、蒸しあがったちんころに風を当てて艶出しをしたら出来上がり

 

一人だいたい2~3個ちんころを作ることができますので、伝統的なちんころを作ってもいいですし、まったくオリジナルのものを作っても大丈夫です。

 

小さいお子様が作られる際は、保護者の方が手伝っていただいても大丈夫ですので、お子様と一緒に素敵なちんころを作ってみましょう

 

使用するものは、すべて食しても大丈夫なものをご用意しております。

 

こどもからおとなまで楽しめるプログラムになっておりますので、自分だけのちんころを作ってみてはいかがですか。

 

お米の粉で作ります。 上新粉を混ぜて作ります。
好きな形が作れるよ!

 

 

ポポラプログラムについて

こちらをご覧の上、体験プログラムにご参加ください。

 

12月のポポラプログラム一覧

 

1月のポポラプログラム一覧

 

3月のポポラプログラム一覧

 

4月のポポラプログラム一覧

 

 

予約について 要予約
対象

子供~大人

開催時間

11:00~12:30
15:00~16:30
※詳細はカレンダーをご確認ください。

所要時間

90分

実施時期

12・1・3月

料金

800円(税込)

最大人数

15人
※詳細はカレンダーをご確認ください。

集合場所

あてま高原リゾートベルナティオ敷地内:
「あてま森と水辺の教室ポポラ」森のホール
プログラム開始10分前までにお集まりください。

〈 体験プログラムお申し込み 〉
9/25~10/1
〇…余裕あり△…残りわずか×…受付終了
9/25(火) 9/26(水) 9/27(木) 9/28(金) 9/29(土) 9/30(日) 10/1(月)

9/25(火) の開催予定はございません。

9/26(水) の開催予定はございません。

9/27(木) の開催予定はございません。

9/28(金) の開催予定はございません。

9/29(土) の開催予定はございません。

9/30(日) の開催予定はございません。

10/1(月) の開催予定はございません。

その他おすすめプログラム