オリジナル味噌づくりに挑戦!! | あてま 森と水辺の教室 ポポラ

ポポラからのお知らせ

HOME > ポポラからのお知らせ > オリジナル味噌づくりに挑戦!!

オリジナル味噌づくりに挑戦!!

ポポラの取り組み 2017.12.07

 

 

お久しぶりよのにゃんこ先生です(=^・^=)                                                  本日は、6月から育てた畦豆(サトイラズ)を使って、味噌づくりの模様をお伝えしたいと思います。

 

畦豆(サトイラズ)から味噌づくりに挑戦

かつて、ここ十日町では、枝豆と言えば、別名「畦豆(あぜまめ)」と言っていたそうです。「畦」とは、田んぼの横にある小さな「畦道(あぜみち)」のことで、もともと本来の枝豆は、田んぼのあぜ道を補強するためや土地の有効利用に植えられたそうです。ポポラでは、毎月実施している『田っぽビオトープ大作戦』で枝豆植えの体験を実施しました。秋になり、大きく実った枝豆を収穫し、味噌づくりや納豆づくりなど十日町の田舎暮らし体験を計画しています。。

青空と大地に溶け込む”種まき爺さ”

6月中旬

 

枝豆畑

 

 枝豆植え体験

 

耕作放棄していた場所を開墾し、枝豆づくりを始めました。品種は、十日町原産の”サトイラズ”。地元の枝豆

づくりの達人(若井さん)にご指導を頂きながら育てました♪

■6月下旬

 
しっかりと芽がでました

 

 野生動物防除用ネットの設置

 

 芽がでるか心配でしたが、種を撒いて1週間後に若葉が(^^)/。しかし、スパッとした切り口で新芽が食べら
れていました。すぐさま、ネットを設置して、一安心

 

9月~10月

   
枝豆としては食べごろですが我慢

 

天日干しした豆の取り出し

 

たわわ?に実ったサトイラズ。パンパンに膨れ上がっています。天日干しでおいしくな~れ‼

 

12月

   
蒸かしたサトイラズ

 

すり鉢で磨り潰し

 

建設水沢伝統芸能保存会の小母さま方に、味噌づくりのご指導を頂きながら、初挑戦。十日町原産の蒸かした

サトイラズは、一般の豆と比べると大きく膨れ甘みがありました。見た目は悪かったのですが、味は最高です

 

 
細かく磨り潰したサトイラズ

 

米麹と塩を混ぜる

 

味噌づくり名人のご指導の下、味噌づくりが進みます。当時は、どこの家でも、冬は味噌づくりしたそうな。

思い出話に花だ咲きました♪節々に、味噌づくりのコツを教えてもらいました。

   
樽に入れて出来上がり~

 

ポポラの秘密倉庫で熟成中

 

試作品第1号のポポラ味噌完成です。食べられるのは、来年の秋頃。ちょうど新米が出来るころ、みなさんと

焼き味噌おにぎりを食べたいと思います。それまで、熟成!熟成‼熟成‼!です。お楽しみに~…